So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

今年は黄色のアヒルを見逃しました [美術館]

曇天模様で時折霧のような雨が降っていた10日間の休暇
の最終日。今日は、北加賀屋のMASK ( MEGA ART ST
ORAGE KITAKAGAYA)でやっている「Open Storage
2019-2020 拡張する収蔵庫」を観に行ってきました。
IMG_9960.JPG IMG_9962.JPG 
いつもは同時期に名村造船所大阪工場跡地で開催されて
いる“すみのえアート・ビート”で登場するオランダのア
ーティストF.ホフマン氏の黄色のラバーダックを一緒に
見に行ってたんですが、残念ながらみのえアート・ビー
トは
昨日(13日)が開催日だったので、今年は黄色のア
ヒルは見逃しました。

見逃したと言えば、近くにあるモリムラ@ミュージアム
の展覧会“Mの肖像”も見たかったんですが、こちらは開
館が金土日のみだったので、今日は閉まってました。こ
れまた残念。ちゃんと調べてから行けってことですが・。

まぁ~残念なのはさておいて、MASKの方、展示物は毎
年ほぼ一緒ですが、ヤノベケンジさんの“ジャイアント・
トらやん”や“サン・チャイルド”、 やなぎみわさんのス
テージトレーラー“花鳥虹”(今日は閉じてました)、
名和晃平さんの“N響の舞台セット”、久保田弘成さんの
“大阪廻船”、金氏徹平さんのどろどろオブジェ、宇治野
宗輝さんの車と家楽器は不規則な音を響かせていました。
IMG_9972.JPG 
IMG_9966.JPG 
IMG_9963.JPG IMG_9965.JPG 
IMG_9967.JPG IMG_9968.JPG 
IMG_9969.JPG 
展示以外に若手アーティストの募集の企画やトークイベ
ント、対話型鑑賞ツアーなども開催されるみたいです。

そして、昭和30年代に建てられた文化住宅をリノベーシ
ョンし食堂、バー、商店、展示スペースなどが同居する
施設「千鳥文化」でも企画展示をやってらしたので、ち
ょっと覗いてみました。
IMG_9990.JPG 
建屋のほぼ全体を使って行われていたのは、アメリカの
アーティスト、ロビン・ラッサー氏、マーガレット・ペ
レ氏、ブルース・シャーティング氏を中心にアメリカ、
日本、韓国、台湾、ロシア、スコットランド、フランス
等の作家さん30名ほどが「水との関係」を探索するアー
ト展覧会。実験器具のような作品や水平線の部屋など面
白い作品が多数展示してありました。
IMG_0068.JPG 
IMG_0004.JPG IMG_0006.JPG 
IMG_0007.JPG IMG_0008.JPG 
IMG_0010.JPG IMG_0016.JPG 
 IMG_0022.JPG IMG_0025.JPG 
IMG_0027.JPG IMG_0029.JPG 
IMG_0035.JPG IMG_0038.JPG 
IMG_0039.JPG IMG_0044.JPG 
IMG_0063.JPG IMG_0064.JPG 
1階の奥のスペースでは、イラストレーターの望月梨絵
さんとグラフィックデザイナーの赤井佑輔さんの二人展
「MOTIF」が開催。作業部屋のような空間にお2人の作
品が整然と並んでいてイイ感じでした。
IMG_9995.JPG
IMG_9994.JPG IMG_9997.JPG IMG_9999.JPG IMG_0001.JPG 
2階の奥では、金氏徹平さんが「クリーミーな部屋プロ
ジェクト」と題し、趣向の違う3つの部屋を創り上げて
いて、どろどろと幾何学的な空間やシューケースに並べ
られたどろどろフィギュアの部屋から、隣の物置のよう
な雑然とした部屋を覗き見る仕掛けなどなど、面白かっ
たです。
IMG_0056.JPG 
IMG_0045.JPG IMG_0054.JPG 
IMG_0048.JPG IMG_0052.JPG  IMG_0053.JPG IMG_0050.JPG
北加賀屋界隈、鄙びた雰囲気の中に徐々にアートな空間
が広がっている感じで、今後、楽しみな所です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

関西の芸術祭にも [美術館]

朝、ニュース映像を見てビックリ!中部、関東、東北と
広範囲に被害が及んだ今回の台風19号。被害にあわれた
方々のご無事と早い復興を祈るばかりです。

復興と言えば、神戸長田で2年に一度開催される「下町
芸術祭2019」を見に行ってきました。
IMG_9957.JPG 
アート展示がメインでスタートした下町芸術祭でしたが、
お祭りとして徐々に町に溶け込む中で形式も変化し、ア
ート展示以外に 森村泰昌さんが創作した能の公演や各所
でのパフォーマンス、セミナーや講演、カフェ、鑑賞ツ
アーなど町の方々が参加しやすいイベントになってきて
るようでした。

とりあえずアート展示のエキシビションプログラム「fro
m 此処から、此れから」を回ってみました。
駒どりの家には、高田雄平さんと藤森太樹さんの作品が
展示。
IMG_9850.JPG 
高田さんの部屋では、病的のほどに細かくペンで描かれ
た絵が台所やトイレを飾っていました。
IMG_9854.JPG IMG_9859.JPG 
IMG_9855.JPG IMG_9861.JPG 
藤森さんの部屋は、新聞紙で作られた妖怪が押し入れか
ら這い出してして不気味と言うかユーモラスな雰囲気を
漂わせていました。
IMG_9865.JPG IMG_9869.JPG 
IMG_9870.JPG IMG_9871.JPG 
二葉じぞう広場では、ソン・ジュンナンさんの“飛び出
しトンム”が半分風で倒れてました。
IMG_9905.JPG IMG_9906.JPG 
Atelier KOMAには、ハラチグサさんの作品が展示され、
今日は、フリーマーケットや作家さんによる子供向けの
ワークショップも開催され、楽しげな雰囲気でした。
IMG_9883.JPG IMG_9875.JPG 
IMG_9874.JPG IMG_9876.JPG 
角野邸の庭には、神野翼さんの人体のオブジェや絵画が
置かれ、建屋1階には加藤千佳さんの儚く砕けそうなガ
ラス惑星が並び、2階には宮崎みよしさんの浦島太郎を
題材にしたインスタレーションが広がっていました。
IMG_9885.JPG 
IMG_9887.JPG IMG_9889.JPG 
IMG_9893.JPG IMG_9895.JPG 
IMG_9899.JPG IMG_9903.JPG 
旧駒ヶ林保育所では、庭に馬渕洋さんの木製戦車と石碑
が鎮座。
IMG_9909.JPG 
IMG_9908.JPG IMG_9912.JPG 
1階には激しいタッチの高橋信夫さんの絵画が並び、特
に厨房の展示が斬新でイイ感じでした。別の部屋は國久
真有さんの公開制作中の巨大なキャンバスが部屋を埋め
尽くしていました。
IMG_9917.JPG IMG_9921.JPG 
IMG_9925.JPG IMG_9926.JPG 
廊下と階段には中元俊介さんの作品も飾ってありました。
IMG_9922.JPG IMG_9931.JPG 
2階にはこれまた神戸ゆかりの画家堀尾貞治さんの作品
が並び。
IMG_9934.JPG IMG_9941.JPG 
ベランダにはおおのあやかさんの極彩色の花。
IMG_9937.JPG 
2階の広い部屋には澤田知子さんの見合い写真が箱入り
娘って感じでケースに展示してありました。好きな写真
に投票もできます!
IMG_9946.JPG IMG_9944.JPG 
IMG_9948.JPG 

そして同時期に神戸でやているもう一つの芸術祭「アー
ト・プロジェクト KOBE 2019:TRANS-」のグレゴー
ル・シュナイダーさんの“美術館の終焉 12の道行き"の続
きを拝見。
IMG_9841.JPG IMG_9844.JPG 
第9留駒ヶ林駅コンコースの扉の向こうには、キューバ
のグアンタナモ湾収容キャンプ内の独房を再現した作品
“白の拷問”が設置され、白い廊下と赤い扉が並ぶ不気味
な雰囲気を漂わせていました。
そして、本町商店街の北のはずれにあるノアービル3階
の第10留“ドッペルゲンガー”は、先日見たデュオドーム
の第2留の作品のあっち側の世界です。同じビルの屋上
には第11留の“空っぽにされた”と言う作品があるって案
内がありました。が、どれが作品だか判りませんでした。
最後は、震災の被害をまぬがれた古い丸五市場の第12留
“死にゆくこと、生きながらえること”。こちらもデュオ
ドームにあった人物を3Dスキャナする第1留を連動した
作品で、スマホのアプリで市場内にスキャンした人物
を出現させる仕掛けだそうです。(アプリの設定が面倒
だなと思い説明だけ聞いて去りました)※写真はNG

長田でのアートめぐり前の腹ごしらえは、「お好み焼
志ば多」さんで、うどんモダンをいただきました。
IMG_9839.JPG IMG_9838.JPG 
もっちりしたうどんの味わいがめちゃ美味しかったです。

そしてデザートは、「たい翔」さんのうす皮たい焼、美
味しい!
IMG_9846.JPG IMG_9849.JPG 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大きな台風 [雑記]

今回、関西方面への直撃は無かったものの、本州の
ほとんどを強風域が覆うような巨大な台風19号(ハ
ギビス)のために、大阪も一日雨模様で風も吹てい
て、色々な施設も休みか早じまいって感じだったの
で、今日は大人しく部屋にこもって、瀬戸芸2019
秋の写真を整理してました。
台風19号.jpg 

台風が直撃した静岡や関東方面の被害が少ないこと
をただただ祈るのみです。
今後地球温暖化で海水温が上がると、こんな大きな
台風が当たり前のように襲てくるようになるんでし
ょうね。くわばらくわばら!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実は岡山でも芸術祭やてます [美術館]

瀬戸芸からの帰り道、こちらも楽しみにしていた「岡山
芸術交流2019 Okayama Art Summit IF THE SNAKE
もし蛇が」を拝見。
IMG_9823.JPG 
アースミュージック&エコロジーの石川康晴氏が旗振り
役で2016年にはじまった新しい芸術祭。特色はあまり
地元色を出さずに、今世界で活躍しているアーティスト
をよんで、最先端のアートを見せるというある意味、昨
今乱立する地方系芸術祭の中でも異彩を放つ芸術祭です。
今回は、3年前に作品を展示していたピエール・ユイグ
氏をアーティスティックディレクターに迎え、世界各国
で活躍している20名ほどのアーティストさんたちが(ほ
ぼ海外の方です)、岡山城、岡山市立オリエント美術館、
林原美術館、旧内山下小学校などの7施設の会場を中心
に作品を展示し、それと合わせて10点あまりの常設野外
展示の作品も楽しむことのできる正に国際芸術祭になっ
てました。

先ずは、岡山市立オリエント美術館。こちらは写真NGだ
ったんですが、ポール・チャンさん、メリッサ・ダビン
&アーロン・ダヴィッドソンさん、ミカ・タジマさん、
ライアン・ガンダーさんの作品がありました。
サーキュレーターでダンスする黒い人型が印象的でした。
DSC04038.JPG 
次は、岡山県天神山文化プラザには、ミカ・タジマさん
の規則的にうごめく磁性液やツボ送風機、エティエンヌ
・シャンボーさんの散骨広場、シーン・ラスペットさん
の新規の香料成分が展示。アート作品として新規の化学
物質を創るってのは衝撃的でした。科学とアートの境界
線が曖昧と言うか超えてきた感じです。
DSC04047.JPG DSC04052.JPG 
DSC04066.JPG DSC04067.JPG 
DSC04060.JPG 
そして、旧福岡醤油建物では、エヴァ・ロエストさんの
VR作品とフェルナンド・オルテガさんの虫よけライトが
楽しめました。
IMG_9748.JPG DSC04070.JPG 
メイン会場て感じの旧内山下小学校では、運動場にピエ
ール・ユイグさんの砂の山、パメラ・ローゼンクランツ
さんのピンクのどろどろプール、体育館にはタレク・ア
トウィさんの楽器インスタレーションの他、マシュー・
バーニーさん、エティエンヌ・シャンボーさん、ファビ
アン・ジロー&ラファエル・シボーニさん、フェルナン
ド・オルテガさん、ティノ・セーガルさんらが建物すべ
てを使ってアートな世界を創り上げていました。兎に角
圧巻です!
IMG_9762.JPG IMG_9768.JPG 
IMG_9780.JPG 
DSC04083.JPG DSC04088.JPG 
DSC04090.JPG DSC04093.JPG 
DSC04096.JPG DSC04105.JPG 
林原美術館では、ピエール・ユイグさんのCGアニメキャ
ラがしばし喋った後に生身に少女が現れてCGキャラをコ
ピーした主客転倒を思わせるパフォーマンスを披露。
ほぼマンツーマン状態で純粋な目力に圧倒され、セリフ
なのか私への質問なのかの判断がつかず、妙な間が発生
しドギマギ。質問は、忙し過ぎるのと忙しくなさ過ぎる
のとどっちが良いと言うもので、迷わず忙しくない方が
良いと答えてしまったんですが、平日遊んでる奴に聞く
ことではないような気もします。。苦笑
他にはイアン・チェンさん、フェルナンド・オルテガさ
ん、ティノ・セーガルさんの作品と庭にはヤン・ヴォー
さんの彫刻がありました。
IMG_9782.JPG IMG_9783.JPG 
IMG_9786.JPG 
岡山城の廊下門と不明門では、ポール・チャンさんと
リリー・レイノー=ドゥヴァールさんの映像作品が楽し
めました。
IMG_9800.JPG 
IMG_9796.JPG DSC04115.JPG 
これ以外に、岡山神社のダン・グラハムさん、石山公園
のメリッサ・ダビン&アーロン・ダヴィッドソンさん、
岡山城のお堀にはエリザベス・エナフさん、RSK山陽放
送のジョン・ジェラードさんなど野外作品も楽しめます。
IMG_9755.JPG IMG_9757.JPG 
IMG_9807.JPG IMG_9763.JPG  DSC04039.JPG IMG_9747.JPG 
IMG_9750.JPG IMG_9808.JPG 
IMG_9738.JPG 
シネマ・クレール丸の内では、ローレンス・ウィナーさ
んの作品が上映されていたみたいですが、台風も気にな
っていたので、見ずに切り上げました。
IMG_9815.JPG 
岡山での晩ご飯は、ってことで晩ごはんは、カツ丼屋
「味司 野村」さんで、ドミグラスソースカツ丼と玉子
とじカツ丼をWで味わえる子膳をいただきました。
子と言っても普通の七がけくらいの丼がふたつのなの
で、けっこう多くて、お腹いっぱいになりました。
どちらのカツ丼も美味しかったです。
IMG_9741.JPG 
お腹いっぱいと言えば、ホテルの朝ごはんがバイキン
グ形式で色々な料理が並んでいたので、思わず取り過
ぎました。サラダが充実していて美味しかったです。
IMG_9743.JPG 
昼ごはんは、天満屋地下のフードコートにある吾妻寿
司さんでにぎり寿司のランチとままかりをいただきま
した。ままかり美味しんですよね。
IMG_9818.JPG IMG_9820.JPG 
岡山でのアートめぐり。力作ぞろいでゆっくり見たか
ったんですが、台風も気になるので足早に鑑賞し、レ
モンケーキを頬張りながら、そそくさと大阪に戻りま
した。
IMG_9824.JPG 
それにしても、めちゃ素敵な芸術祭なのに、なんでこ
んなにお客さんがいないの?って感じでした(平日の
朝&瀬戸芸に比べるとではありますが・・)。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸芸2019秋<高見島・粟島> [美術館]

瀬戸芸2019秋の旅3日目は、西の島の残り2島って感じで、
高見島と粟島をめぐりました。

平日なので、移動はそこそこ予定通りに行くんですが、西
の島々は通常観光地ではないので、ご飯を食べるとことが
少なく、下手するとご飯を食いぱぐれる可能性もあるので、
ホテルでちょっとしっかり目に朝カレーを食べて腹ごしら
え。朝のカレーも良いもんですね。
IMG_9507.JPG 
かなり余裕をもって丸亀から多度津に電車で移動し、そこ
から無料のシャトルバスで多度津港。そして高見島に高速
船で渡ったんですが、どうもその船、ボランティアスタッ
フのこえび隊の皆さんが乗る船だったみたいで、お邪魔し
てすみませんでした。。
IMG_9508.JPG IMG_9509.JPG 
IMG_9512.JPG 
こえび隊の皆さんが朝礼をしているのを横目で眺めながら、
とりあえず野外展示の作品を拝見。港にある白い岩の中の
白い部屋は鎌田祥平さんと並木文音さんの“積みかさなる白
と空白”。
IMG_9513.JPG IMG_9514.JPG 
PARANOID ANDERSONSさんの“Long time no see”は、
解体した一軒の家を再構築したインスタレーションだそう
です。面白い!
IMG_9517.JPG IMG_9522.JPG 
そうこうしている内に各展示会場に入れる時間になったの
で、これまた急坂を登って作品集まる高台へ。
IMG_9528.JPG 
新作が多く、空き家の中に今は無き人の気配を感じさせる
ロサナ・リオスさんの“家のメメント・モリ”。
IMG_9534.JPG IMG_9540.JPG 
IMG_9538.JPG 
こちらも空き家の中の生活の気配を抽象化した藤野裕美子
さんの“過日の同居”。
IMG_9557.JPG 
村田のぞみさんの“まなうらの景色”は細いステンレス線の
網が部屋を侵食。
IMG_9564.JPG 
山田愛さんの“内在するモノたちへ、”は敷き詰められた小
石が陰陽の世界をせり上がるなんとも不思議なパワーが漂
っていました。
IMG_9562.JPG 
大石いずみさん“keep a record”は古民家内にホワイトキ
ューブを構築し絵画を飾る逆説的で面白い仕掛け。
IMG_9571.JPG 
新作ではないですが、除虫菊の家では、内田晴之さんのぐ
るぐる蚊取り線香インスタレーションが大きく変貌して四
角になった“静かに過ぎてゆく”が煙っていて、1階では小枝
繁昭さん極彩色の花の絵や彫刻の織り成す“はなのこえ・こ
こ・・・”が華やかな雰囲気を漂わせていました。
IMG_9549.JPG IMG_955000.jpg 
IMG_9554.JPG 
野村正人さんの“海のテラス”も様子が変わってました。また
、テラスの奥の家では梶井照陰さんの“KIRI”と言う映像が
静かに流れていました。
IMG_9578.JPG IMG_9581.JPG 
IMG_9568.JPG 
旧作ですが大好きな、中島伽耶子さんのアクリルの棒や板
で自然の光を操る“時のふる家”と“うつりかわりの家”も健
在で、美しく輝いていました。
IMG_9532.JPG 
IMG_9585.JPG 
そして、高見島からちょっと料金が高い秋会期中の特別便
の高速艇(船を待っていた時、多度津高見島の定期便に比
べ料金が高いとごねていたお客さんに、係りの人がそんな
説明をしていたのを聞いただけですが・・)で、今年の瀬
戸芸2019の最後の島、粟島へ。
IMG_9602.JPG 
予定通りに粟島に移動でしたので、とりあえず昼ごはんを
食べようと「ル・ポール粟島」さんで海鮮丼をいただきま
した。美味しかったです。
IMG_9605.JPG 
お腹も膨れたので、アート散策開始。先ずは、粟島海洋記
念館と前の突堤に停泊する日比野克彦さんの作品“瀬戸内海
底探査船美術館プロジェクト”、“船瀬戸内海底探査船美術
館一昨日丸特別企画展覧会 日常生活と海の底”、“種は船プ
ロジェクト”を眺め。
IMG_9617.JPG 
IMG_9619.JPG IMG_9622.JPG 
IMG_9608.JPG IMG_9610.JPG 
IMG_9611.JPG 
IMG_9613.JPG IMG_9616.JPG 
そして、海をテーマにした作品を展開するSOKO LABO
(菊地良太さん、森山泰地さん、喜多直人さん、今井さつ
きさん、代田江理子さん、嘉春佳さん、表良樹さん)と、
科学探査船タラ号の活動報告“TARA”やTARAの活動の時の
大小島真木さんのドローイングや二コラ・フロックさんの
黒潮の写真などを拝見。
IMG_9630.JPG IMG_9631.JPG 
IMG_9633.JPG IMG_9636.JPG 
IMG_9639.JPG IMG_9641.JPG 
IMG_9648.JPG 
大小島さんの巨大なクジラが泳ぐ武道場の共同制作のイン
スタレーションは圧巻でした。
IMG_9651.JPG 
大小島真木さんと言えば、粟島芸術家村にインドの少数民
族ワルリー族のマユール・ワイェダさん、トゥシャール・
ワイェダさん、ビカス・ボンギャさんや粟島ぼーい&がー
ると5ヶ月かけて造ったという、鯨の化石が眠る神話の洞
窟が設えてあり、なんとも神秘的な素晴らしい作品でした。
IMG_9662.JPG 
IMG_9667.JPG IMG_9670.JPG 
IMG_9679.JPG 
IMG_9682.JPGIMG_9689.JPG 
IMG_9672.JPG IMG_9673.JPG 
IMG_9677.JPG 
ブーゲンビリアの花を見ながら坂を上った先にの旧粟島幼
稚園には、JR宇野みなと線アートプロジェクトでも作品展
示をしているエステル・ストッカーさんの幾何学的な線の
世界“思考の輪郭”が広がり。
IMG_9691.JPG 
IMG_9693.JPG IMG_9694.JPG 
IMG_9698.JPG IMG_9700.JPG 
旧粟島小学校は、廃校になった時間4時8分で時が止まって
ムニール・ファトゥミさんの“過ぎ去った子供達の歌”が響
いていました。
IMG_9706.JPG IMG_9709.JPG 
IMG_9710.JPG IMG_9718.JPG 
ディン・Q・レさんの花束の床や監視カメラで空き家を監
視する作品“ナイト&デイ(人生は続く)/この家の貴女へ
贈る花束/Pho”もシュールで面白かったです。
IMG_9719.JPG IMG_9722.JPG 
そして、小屋の中から潜望鏡で外を監視するリチャード・
ストライトマター・トランの“ヒキコモリ”もシュールです。
IMG_9725.JPG IMG_9723.JPG 
粟島と言えば、久保田沙耶さんの“漂流郵便局”ですが、こ
ちらは土日祝の開局てことで、残念ながら閉まってました。
IMG_9726.JPG 
今回も見応えのあった粟島。スタッフの方に見送られなが
ら粟島から須田港に渡りました。ありがとうございました。
IMG_9727.JPG IMG_9728.JPG 
IMG_9729.JPG 
そして、最後の最後は、須田港待合所をロープでぐるぐる
巻きにした山田紗子さんの“みなとのロープハウス”。イイ
感じでした。
IMG_9730.JPG 
そして、アンパンマン南風を乗り継いで岡山へ。
IMG_9732.JPG 
まだまだ見ていない作品もたくさんありますが、とりあえ
ず全島制覇ってことで、私の今年の瀬戸芸2019はこれで
完了です。
春、夏、秋と今年もたっぷり素敵なアートと瀬戸内の素晴
らしい風景と船旅を楽しませてもらいました。
本当にありがとうございました。また、3年後が楽しみです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -