So-net無料ブログ作成

村上春樹さん原作の舞台 [観劇(他)]

曇天模様でスッキリしない天気でしたが、雨は大丈夫だ
った今日は、原作は村上春樹さん、脚本がフランク・ギ
ャラティさんで、演出を倉持裕が務めた舞台「神の子ど
もたちはみな踊る after the quake」を観に、少し足を
伸ばして神戸文化ホールに行ってきました。
IMG_8532.JPG IMG_8537.JPG 
“神の子どもたちはみな踊る”は、村上春樹さんの阪神大
震災をテーマにした作品を集めた短編小説集で、今回は、
その中から村上春樹さんの自伝的な“蜂蜜パイ”の話を骨
格に、主人公が劇中で書いてる小説“かえるくん、東京
を救う”が、劇中劇として展開すると言う設定。
IMG_8540.JPG 
主人公である売れない作家淳平(古川雄輝さん)、大学
時代からの友人小夜子(松井玲奈さん)の娘沙羅(横溝
菜帆ちゃん)が、テレビで連日流れていた震災の映像の
影響で夜泣きするようになり、困った小夜子から助けを
求められた淳平が即興の熊の話を聞かせて寝かせつけて
いる。

淳平は、“かえるくん、東京を救う”と言う短編小説を執
筆中で、ある日、信用金庫の取立て係のしがないサラリ
ーマン片桐(川口覚さん)が部屋に帰ると巨大な蛙の“か
えるくん(木場勝己さん)”が居て、東京で起きる地震を
防ぐために地震の原因である巨大な鯰ではなくミミズの
“みみずくん”をいっしょにやっつけようと頼まれる。

淳平が引きずっている過去。大学時代の小夜子との出会
いと、淳平と小夜子はお互い惹かれながらも、共通の友
人である高槻(川口覚さん)が小夜子と結婚し、そして
出産。その後に離婚。淳平は小夜子と友人と言う関係で
現在に至る。

かえるくんといっしょに戦うことを決意した片桐だった
が、決戦の日、路上で倒れ病院に運ばれる。片桐が病院
のベッドで気を失っている間に、かえるくんはみみずく
んと戦い地震は防いだが・・・。これは夢か?現実か?

淳平と小夜子と沙羅は動物園に行き、家に戻って沙羅を
寝かしつけ、2人は・・・。って話でした。

虚構と現実の二つの物語に過去と現在が交差する舞台は、
語り部が語る物語と知的でテンポの良い会話で展開する
非常に面白い舞台でした。
ナイーブ青年って感じの古川雄輝さんも知的で清楚な雰
囲気の松井玲奈さんも素晴らしかったです。

劇場の前が、ちょうど楠木正成を祀る湊川神社(楠公さ
ん)だったので、ちょっと立ち寄って参拝させてもらい
ました。
IMG_8524.JPG IMG_8531.JPG 

流行っているとテレビで見かけたので買ってみました。
ローソンのバスク風チーズケーキ“バスチー”のプレミア
ム版。
IMG_8545.JPG 
昨今のコンビニスイーツは美味いですね~!ビックリで
す。バスクと聞いても、昔活躍したオレンジ色の自転車
チームエウスカルテル・エウスカディしか思い浮かびま
せんが、チーズケーキも有名だったんですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感